大きなメリット

体を綺麗にして美しく見せる手段は複数あります。
エステに通ったり、美容形成外科で施術を受けたり、美容に良いとされる食べ物を摂取するなどの方法です。
しかし手軽さとコストパフォーマンスという点で優れているのがサプリメントの摂取です。
サプリメントの中には美容効果に重点を置いて成分を配合しているものが多くあります。
体をスリムにするサポートをしたり、肌のシミやニキビ跡の改善を手助けする成分を多く含んでいたり、保湿効果を高めてくれるものなど様々な製品があります。
いずれのサプリメントも日頃の生活の合間に摂取をするだけで、継続的に続けることで効果を実感できるとされています。
生活スタイルを変えることなく、手軽に綺麗になれるのが大きな利点です。

健康食品として今では広く定着しているサプリメントは、その始まりは1910年代のアメリカにあります。
当時発見されたばかりのビタミンを摂取するために製品化されたものが流通しています。
その後1938年にはやはりアメリカで食品医薬品と化粧品法が施行され、健康食品の誇大表示が取り締まれるようになります。
1994年に栄養補助食品健康教育法が制定され、サプリメントの明確な定義が行われるなどして、広告表示や成分表示に関する規定が細かく設けられます。
この制定がきっかけとなって健康目的から美容目的に至るまで、様々なサプリが誕生することになります。
日本ではそれから数年遅れて、海外製のサプリメントの輸入が本格化して、後に国産の製品が多く出回るようになり、現在に至ります。